KYOTO SEIKA UNIVERSITY

SOCIAL PRACTICAL SKILL DEVELOPMENT PROGRAM

2021年度

国内ショートプログラム『越後妻有』

プログラムの概要

  • 科目名

    国内ショートプログラム(越後妻有)

  • 期間

    2021年10月29日〜31日

  • 担当教員

    吉野央子(芸術学部)

  • 内容

    「2000年から新潟県十日町市で3年毎に継続して開催されている、越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」の鑑賞と現地調査を行いました。彫刻家でもある芸術学部教員の吉野央子が、自らの知見を活かして学生を案内。国内各地で数多く開催されている芸術祭の先駆的存在である「大地の芸術祭」を通して、地方地域の現状と抱えている問題点を考察しながら、アートツーリズムの魅力と今後の展望を探りました。

成果

ギャラリー