SOCIAL PRACTICAL SKILL DEVELOPMENT PROGRAM

2023年度

海外ショートプログラム(セネガル)

プログラムの概要

  • 科目名

    海外ショートプログラム(セネガル)

  • 期間

    8月〜9月

  • 担当教員

    清水貴夫・ユースギョン

  • 内容

    日本とも友好関係が長いセネガルは、植民地時代より仏語圏西アフリカの中心として発展してきており、農業、漁業や伝統産業が社会を支えている。また近年は都市化、国際化が進み、観光産業やサービス業、IT業界も大きな成長を見せている。セネガルでは複数の民族、宗教、伝統的な信仰等が平和的に共存しており、伝統と近代化を両立しつつ新たな文化を作り上げている。
    本プログラムでは、セネガルを中心に西アフリカで長年フィールドワークを続けてきた教員が引率し、セネガル(西アフリカ)の文化と人びとの生活風景を視察する。今年度は、首都ダカール(Dakar)、ダカール近郊の大都市チエス(Thiès)、ムーリッド教団の聖地トゥーバ(Touba)を訪問する予定である。これらの都市を訪問することを通じ、セネガルの様々な姿を概観し、セネガルの全体像をつかむことを最初の目的とし、現地学生や各所のセネガル人との交流を通し、人びとのダイナミズムを生活レベルから体感することを目的とする。

成果

ギャラリー