SOCIAL PRACTICAL SKILL DEVELOPMENT PROGRAM

2023年度

海外ショートプログラム(韓国A)

プログラムの概要

  • 科目名

    海外ショートプログラム(韓国A)

  • 期間

    8月

  • 担当教員

    磯辺ゆかり

  • 内容

    韓国一広いキャンパスをもつ大学で韓国語を学び、韓国料理授業や伝統工芸品作りなどの文化体験にも参加する、語学研修と文化体験のバランスがとれた、初めて韓国語を学ぶ人にも更に語学力を伸ばしたい人にもぴったりな3週間のプログラムです。
    ●大邱大学(https://eng.daegu.ac.kr/main)
    大邱市は韓国東南部に位置し、ソウルから約300キロ、プサンからは約120キロの場所にある韓国第3の都市です。四方を山々に囲まれた内陸盆地で、近隣には世界的な文化遺産都市の慶州、儒教文化の総本山の安東などがあります。大邱大学は1956年に社会福祉分野を専門とする韓国社会事業学校から始まり、1981年に総合大学に昇格、現在は14学部95学科を設け、キャンパス面積は国内1位、教員は1000人以上、大学院生・学部生だけでも約2万人の学生がいます。広大なキャンパスにはゴルフ練習場、カフェ、スポーツ用品店、映画館まで設置されています。授業では、文法・会話・リスニング・ライティングを中心に学びます。ハングルが読めればまったくの初心者から参加が可能で、初心者クラスは英語も交えて授業が行なわれますが、基本は韓国語で行なわれます。会話実習では、食堂や空港、ホテルといった場面を設定し、ロールプレイ形式で韓国語の日常表現を学習します。また、上級者は通訳の練習をする機会もあります。文化体験授業は、韓国の伝統文化や行事、遊びなどを体験するプログラムです。遊びや生活体験を通して、韓国を身近に学ぶことができます。また、映画鑑賞の時間もあり、人気の韓国映画のなかから好きなものを選択し、映画を通じて韓国文化を理解していきます。

成果

ギャラリー